赤ちゃん返りは大きく成長したり変化したりする前触れ!

 

赤ちゃん返りとは、今までできていたことをできないと主張したり、

急にいろいろなことを怖がるなど今までとは違う行動や反応をすることです

 

赤ちゃん返りする原因は、変化することへの恐れと言われています。

一般的に卒乳や妹弟の出現で自立の一歩を踏み出す時が原因になりやすいです。

 

赤ちゃん返りしている状態というのはいろいろあり、

・オムツは取れたはずなのにおもらしやおねしょをすることが増えて

オムツに逆戻りしてしまう

・弟妹の妊娠がわかる直前、妙に甘えてくる、機嫌が悪くなりやすい

・小学校や幼稚園の入学入園前後に怒りっぽくなる

・聞き分けは悪くない方なのに、急にヤダヤダ聞かん坊になる

などなど・・・

 

ちなみにさくママは上記をすべて経験しました。笑

 

赤ちゃん返りは2~4歳によくみられますが、

それ以降、小学生になってからもみられます

 

さくママの長男はもうすぐピカピカ一年生になります。

「小学生にもうすぐなる!幼稚園を卒業してしまう!」と

卒園が近づくにつれて本人も意識するようになりました。

 

卒園式が近づくにつれて妙に怒りっぽくなり、

「もうすぐお別れだね~」とよく言ってました。

 

とにかく怒りっぽいので「もしかして赤ちゃん返り?」と

気づきました。

 

ママ友に聞いてみると「うちもそう~」という意見が結構ありました。

 

また、春休みになってからは今度は長女が怒りっぽくなりました。

長女はもうすぐ年少さんになりますが、幼稚園の3歳児クラスに行ってたし

大きな変化はないと思っていたのですが、本人にしてみたら

大きな変化ですよね・・・^^;

 

長女に対しては完全にフォロー不足でした。

大好きな3歳児クラスの先生とお別れして新しいクラスになることを

自覚しているし、それは彼女にとって大きな変化で不安と期待で

いっぱいです。

 

 

赤ちゃん返りの後は?

赤ちゃん返りは本当、親泣かせです。

でも困らせるだけではないんです。

 

赤ちゃん返りした後は、グンと精神的に成長します。

 

子どもの成長は右肩上がりの直線ではなく、

3歩進んでは2歩下がりを繰り返す、らせん階段のようなものです。

 

 

この2歩下がっている状態が赤ちゃん返りと言われているわけです。

 

小学生になるとこの2歩には気づきにくくなり、

精神的にも成熟していくので子どものような赤ちゃん返りの

症状は起こさなくても変化に対し心の内で耐えるようになります。

 

それでも小学生のうちはまだまだ親の関心や愛情は

欠かせません。それがあれば変化に耐えられる力を得られます。

 

特に、変化の大きいこの春、より一層子どもに

愛情と関心を示して変化に耐えられるエネルギーを

注ぎ込みましょう^^

 

では、さくママでした^^

このコンテンツについてご質問やご相談があれば、

お気軽にお問い合わせください。

 

こちらからどうぞ

 

 

◇◆小学生向けおすすめ通信教材◆◇

小学ポピーは当サイト人気No.1!

 

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

 

◆スマイルゼミ◆専用ペンでタブレットに文字を書きながら勉強できる!