今年の春から小学一年生に進級したさくママの長男くん。

 

さくママは子どもが年少になったら荷物の用意と

身支度は自分でさせるようにしてます。

 

さくママの長男は年長になると

荷物の用意と身支度が要領よくできてました。

 

幼稚園からのお知らせの紙もちゃんと渡してくれるので

忘れ物の心配もほとんどありませんでした。

 

ですが、小学校に入ってから忘れ物が目立つように。

忘れ物があると母親が注意されるんですよね^^;

 

怒っても励ましてもダメ。

何か良い方法がないか探しに100均に行くと

良いアイデアが浮かびました!

 

マグネット式のホワイトボートと両面油性ペンで

書き込めるマグネットシートを使って…

 

マグネットシートを裏返すとメッセージ♡

 

  • 次の日に持っていかないもの
  • 学校に置いてあるもの
  • すでに用意したもの

についてはマグネットシートを裏返しにしてもいい

というルールで学校の用意するようにしました。

 

すると…

 

「これいいね!」

「ありがとう」

 

いただきましたー!

 

↓↓学校の文字ばっかりのプリントだと忘れ物が目立ちましたが…

 

まだ一年生だからひらがなばかりで読みにくいのは

仕方ないですが、これを見て用意しろって言われても

子ども一人では無理です^^;

 

 

荷物すべてをマグネットシートにしてもいいんですが

キリがないし、さくママは面倒くさがり屋なので

 

  • 基本のもの
  • よく忘れるもの

 

に絞りました。

その日に特別に必要なものはプリントで確認してます。

 

作ってみて気づいたんですが、

小学生の荷物って多いんですね!

 

うちにやってきたママ友が手作りホワイトボードをみて

絶賛してくれて、さっそく真似してくれたとのこと。

素直にうれしい^^

 

なぜ効果的なのか

カテゴリ別に持ち物をまとめたのがポイント。

  • 宿題
  • 毎日持っていく持ち物
  • プールセット
  • 筆箱
  • 体育着
  • エプロンとバンダナ
  • 名札
  • カラー帽子
  • 上履き
  • 弁当
  • 横断バッグ

 

イラストを持ち物の横に書いたのもポイント。

ひらがなばかりではイメージしにくいので。

 

さくママの息子息子の場合は

 

  • イラスト付き
  • カテゴリ別

 

が効果的でしたが、

人によっては文字だけのほうが効果的なことがあります。

詳細や理由は以下の記事にあります。

→ 育てにくいグレーゾーンぽい子どもの子育てを楽にするコツ

 

まとめ

ホワイトボードを使った学校の準備を始めて

2週間ほどになりますが、最近ではホワイトボードがなくても

要領よく用意できるようになりました。

 

カテゴリ別に確認することが身に付いたので、

準備する段取りが分かったのが良かったようです。

 

わが子の特徴に合わせた工夫をして

効果的な忘れ物対策をして、親子ともに

ハッピーな小学校生活を送りましょう♪

 

では、さくママでした^^