「今日も怒ってばかりだった」

「なんでこんなに家庭学習がうまくいかないんだろう」

 

発達障がいまたはそのグレーゾーンの子どもの宿題や家庭学習を

サポートするときに多くの親の心は「?」だらけです。

それは当然のことで、発達障がいまたはそのグレーゾーンの子どもの

家庭学習を習慣化するのはハードルだらけだからなんです。

 

発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。
ですが、発達障害はその特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人にあったやり方で日常的な暮らしや学校や職場での過ごし方を工夫することが出来れば、持っている本来の力がしっかり生かされるようになります。

引用元:http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_develop.html

上記引用のとおり、発達障がいの特性を本人と家族をはじめとする周囲がよく理解して

発達障がいまたはグレーゾーンの子どもに合うサポート方法を工夫すれば

発達障がいがあっても家庭学習を習慣化することができます。

 

発達障がいの子どものほとんどは自分の特性、凹の部分で

こちらが思っているよりもはるかに苦労しています。

本人が誰よりも「なんで自分だけこんなにうまくいかないんだろう」と

苦しんでいるのです。親自身も苦しいですが、本人が一番つらい思いをしています

 

発達障害の子どもたちは、
・ 知的発達に遅れがないため、その特徴が周囲から理解されず、不適切な対応が生じる可能性がある
・ 理解不足により、否定的な評価や叱責等の不適切な対応が積み重なると否定的な自己イメージをもったり自尊心が低下したりする
・ そのことによって、情緒の不安定、反抗的な行動、深刻な不適応の状態等を招くことがある
・ そのような 二次(的な)障害を軽減する 二次(的な)障害を軽減することが重要 である

引用:発達障害の「二次障害」について

周囲の理解と適切な対応ができれば発達障がいの子どもの自己肯定感を育むことができますし、

不登校、犯罪、最悪の場合自殺などの二次障がいを防ぐことができます。

 

発達障がいの子どもが思春期に入るまでの時期は将来起こりうる二次障がいを

防ぐためのとっても大事な準備の時期です。

 

この時期にちゃんと適切な対応ができるかどうかが

発達障がいの子ものその後の人生を大きく左右します。

 

残念ながら依然として勉強の出来は将来への欠かせない備えです。

発達障がいに適した家庭学習補助教材を使って適切なサポートをすることで

子どもの自己肯定感を守り高めて二次障がいを防ぐことができます!

 

発達障がいに適した通信教材として

タブレット学習などのオンライン学習教材が効果的

という研究結果がいくつもあります。

 

今回は、発達障がいまたはグレーゾーンに最適なオンライン学習教材を

いくつか比較しながらご紹介したいと思います。

 

なぜ塾や家庭教師ではなく通信教材なのか

塾は個別対応してくれません。小人数制などで個別対応を売りにしている塾もありますが、

個別対応の中でも一番難しい発達障がいの対応ができる講師は本当に少ないですし、

いたとしても特別な受講料がかかります。

 

そもそも塾に通えば成績が上がるとは限りません。

塾や学校で学んだことを自分の学力にする作業は結局自分でしないといけません。

 

どういう作業をすれば授業で学んだことを自分の学力にできるのか?

 

家庭学習で練習問題を解くことで授業で学んだ知識を再確認して、

間違えたところの見直しをすることで自分の知識、学力になります。

学力をつけるこの過程は家庭学習を通してのみできることで、

ただ塾にいけば学力が上がるわけがないことはお分かりいただけると思います。

発達障がいがある場合は、適切な教材やサポートがより一層欠かせません。

 

発達障がいにオンライン教材がおすすめな理由

なぜ発達障がいまたはグレーゾーンにオンライン教材が効果的なのか?

理由は3つあります。

 

  • 手軽さ
  • 動画から学べる
  • ゲーミフィケーション
  • 自宅にいながらサポートを受けられる

 

では詳細をお伝えしていきます。

 

手軽さ

オンライン型通信教材は、パソコンはもちろんタブレットやスマホで

いつでもどこでも家庭学習できるのが最大のメリットです。

 

机に向かって、鉛筆を取り出して、教科書、消しゴム…用意が面倒だったり

文字を書くのが面倒くさいことが発達障がいグレーゾーンの家庭学習がはかどらない

原因でもあります。

 

大人でも手紙を書くよりもスマホなどでメールを送る方が楽ですよね?

同じようなものです。

 

動画から学べる

上の授業画面は「すらら」になります。

 

動画から学ぶのでジッと集中しなくても理解できるのが

発達障がいグレーゾーンに効果的です。

 

教科書や解説を集中して読んで理解するのは発達障がいグレーゾーンには

ちょっとハードルが高いです。

 

家庭学習で一番大事なことが発達障がいグレーゾーンにとって難しいので、

家庭学習へのハードルが高くなってどんどん勉強嫌いになったり自信をなくしていってしまいがちです。

 

オンライン型通信教材なら、分かりやすい動画解説や授業動画があるので、

家庭学習へのハードルをグンと下げてくれるので発達障がいグレーゾーンの子どもの

家庭学習を強力にサポートできます。

 

ゲーミフィケーション

上の画像は学研ゼミのスマートドリル。

 

リアルタイムで採点されるので、なぞなぞ感覚、ゲーム感覚で解き進めることができます。

ドリルを解いた後のマル付けは面倒な作業です。

 

面倒なマル付けをしなくてもいいだけでなく、間違えたらすぐに解説を確認できるのも

オンライン型通信教材ならではの家庭学習のしやすさですね。

自動マル付け、親にとっても子どもにとっても想像以上にかなりありがたい機能ですよ^^

 

上の画像は学研ゼミのワンダードリル。

 

ほとんどのオンライン型通信教材にはなんらかのゲーミフィケーション要素があるので、

家庭学習をする楽しみ、ご褒美があることで家庭学習するモチベーションを持ち続けられます

 

自宅でサポートを受けられる

不登校だったり発達障がいで外出がおっくうな場合、

外に出るだけでも大変なことです。

 

そのような場合でも自宅にいながら家庭学習のサポートを受けられるのは

大きなメリットです。

 

送迎の必要がないのは親にとっても大きなメリットですね^^

 

発達障がいにおすすめなオンライン教材を徹底比較!

まずはさくママが厳選したオンライン教材の特徴の比較一覧表をご覧ください。

手厚い       ⇔       ライトだがコスパ抜群 算数対策に
すらら スマイルゼミ 学研ゼミ スタディサプリ RISU
対象学年 小1~中3 小1~中3 小1~中3 小4~高3 年中~小6
入会金 10,000円 なし なし なし なし
月額費用 8,000円~ 2,980円~ 500円~ 980円 2,480円~
サポート あり/週1回 なし 月額500円追加であり/月1回 なし あり
専用端末 不要 必要/9,980円 不要 不要 必要/0円
対象科目 国・算・英 国・算・社・理・英 国・算・社・理・英 国・算・社・理(英) 算数
特長 発達障がいの子どものためのサービスとして作られている

対話型授業動画なので理解しやすい

すららコーチのサポートが手厚い

発展クラス英語の特別コースも受けられる

専用タブレットとタッチペンを使って独自の勉強ができる

 

2種類のドリルから選べる

シンプルで使いやすい

任意で、月額500円の追加でサポートを受けられる

一流講師の授業動画を見放題

基礎と応用を選べる

練習問題も豊富

特許モノの学習システム

算数の先取りにも苦手克服にも使える

苦手克服と総合的な復習の2つの復習問題が自動生成

レビュー  すららのレビュー スマイルゼミのレビュー  学研ゼミのレビュー  スタディサプリのレビュー RISUのレビュー
公式サイト すらら公式サイト スマイルゼミ公式サイト  学研ゼミ公式サイト
スタディサプリ公式サイト RISUの公式サイト

 

手厚さならすらら

すららの特長はなんといってもすららコーチの手厚いサポートです。

すららコーチは現役の塾講師で経験豊富なので家庭学習の改善点をピンポイントで

アドバイスしてくれます。

 

発達障がい自体が比較的新しい研究分野なので、

発達障がいの子どもを持つ親は常に情報収集しています。

 

それでなくても発達障がいグレーゾーンの子どもの家庭学習をサポートは

コツがいるので、経験豊富な現役塾講師のサポートは欠かせないものですし

貴重な情報源でもありますよ^^

サービスの内容自体も、発達障がいを持つ子どもが家庭学習に取り組めるような

工夫が盛りだくさんで発達障がいで家庭学習ができない原因をことごとく排除できる

プログラムになっています。

 

中程度以上の発達障がいの場合、すららなら本格対策できます。

 

 

コスパ重視なら学研ゼミ

軽度発達障がいだったりグレーゾーン程度なら学研ゼミでも十分です。

学研ゼミの特長はコスパ最強!です。

 

しかも、任意で月に1回家庭学習のサポートを受けることもできます。

≫ 学研ゼミのまなびサポートコースについて

 

さくママのADHDグレーゾーンの息子も学研ゼミを使っています!

紙のドリルよりもオンラインで学ぶ方が好きみたいで、毎日みずから学研ゼミをしています

 

まだ小学1年生だから学研ゼミで十分です^^

シンプルで使いやすいし、自動マル付けが思いのほか効果的ですね。

 

テストも国語算数ともに毎回90点以上取ってきます。

家庭学習の習慣づけは学研ゼミのおかげで大成功ですね^^

 

まだ暗記中心で考える問題が少ない小学校低学年のうちは学研ゼミがおすすめですね。

 

 

高学年でコスパ重視ならスタディサプリ

スタディサプリの特長は一流講師の授業動画が見放題!

スタディサプリの特長は月額980円という破格レベルのコスパですが、

とても月額980円とは思えない充実した内容の授業動画も大きな特長です。

勉強は暗記という苦行ではないことや学ぶ楽しさを教えてくれる講師陣なんです。

 

さらに得意な科目は学年を超えてどんどん先取り学習できたり

苦手な科目は学年をさかのぼって根本から苦手克服したりできます。

得意不得意の差が大きくなる小学校高学年にはありがたいシステムですね。

 

小学講座に英語は含まれていませんが、中学講座から英語を学ぶことができます

 

すららや学研ゼミのようなサポートはありませんが、

一流講師の授業動画を繰り返し見たり練習問題をこなしていくうちに

理解できなかったことが理解できたり理解が深まったりします。

 

この過程は家庭学習の一番大事な部分でもあります。

 

また、学習計画のサポートシステムが充実しているので

人によるサポートがなくても十分補うことができます。

 

障がいの程度が軽度だったりグレーゾーン程度ならまずは

月額980円のスタディサプリから試してみるのがいいですね^^

 

 

スマイルゼミはすららと学研ゼミやスタディサプリの間に位置する

スマイルゼミのサービスの内容の充実度はコスパ最強の学研ゼミやスタディサプリと

手厚い内容の すらら のちょうど間になります。

 

「学研ゼミやスタディサプリよりも付加サービスが充実したのがいいけど、

すらら は高いわりに全教科勉強できないのがちょっと・・・」

 

という方にはスマイルゼミがいいですね。

専用タブレットは初期費用がかかりますが、

有害サイトへのアクセスや不要なアプリのダウンロードの心配がありません。

 

子どもが自立して自分一人で家庭学習できること」を目的に

作られているので、発達障がいまたはグレーゾーンの子どもが

家庭学習でつまづくハードルをことごとく取り除いてくれる内容になっています。

 

 

算数対策ならRISU

RISUの特長は特許モノの学習システムです。

飽きさせない工夫、考えさせる工夫が良く凝らされているので

算数の先取り学習はもちろん、算数の苦手対策にも

ばっちり対応できます。

 

受験での算数(数学)の配点は多いので、算数ができるかどうかで

将来の可能性は大きく変わってきます。私大文系一択ではなくなるのもいいですね。

 

発達障がいの子どもで算数が得意な子は結構多いですので、

RISUのタブレット学習は得意なものを伸ばして自信をつける絶好の機会になりますよ^^

 

逆に発達障がいがあって算数が苦手な場合でも、

RISUは理解度に応じたプラグラムが自動生成されるので安心です。

 

実際にさくママの息子(発達障がいグレーゾーン)がRISUを試したところ、

今までのタブレット学習よりもはるかにRISUにハマりました!

ゲームにハマるようにRISUにハマっています。

 

発達障がいの子どもでも無理なく楽しく無理なく家庭学習習慣つけられるので、

得意な算数を伸ばしてあげたい・苦手克服させたいならRISUはかなりおすすめですね。

 

詳しいレビューは以下をご覧ください。

≫ RISUタブレット学習を小学校低学年が体験!

≫ 先取り学習でおすすめなRISUタブレット学習の口コミ

≫ 算数苦手克服ならRISUの特許モノの勉強法!小学生向け

 

まとめ

軽度やグレーゾーン程度ならコスパの良い学研ゼミやスタディサプリから試してみましょう。

学研ゼミは1か月間、スタディサプリは14日間無料でお試しできます。

 

勉強の苦手意識が強かったり、障がいレベルが中程度以上なら すらら がいいですね。

サポートの手厚さ、発達障がいに最適化された学習システムの完成度で すらら を超える

通信教材は他にありません。

 

すらら のレクチャー(授業動画)は無料で視聴できます。

 

算数の先取り学習・苦手対策ならRISUですね。

算数対策でお考えの場合、さくママの息子のハマりっぷりを思うと

RISUの学習システムはかなり一押しです。

 

発達障がいまたはグレーゾーンの特性をよく理解して、適切な通信教材を使うことで

「なんで?どうしてうまくいかないの?」といったストレスはかなり軽減されます。

 

なにより、子ども自身が勉強を通して達成感を得ることで自己肯定感を

高めることができますし不登校などの二次障がいを未然に防げて真っすぐに育てられますよ^^

 

それぞれ以下の公式サイトから無料お試しできます。

まずは気になる通信教材をいくつかお試ししてみて子ども自身に

合うものを見つけましょう^^

 


≫ すららの無料体験・入会申込方法の手順

 

≫ 学研ゼミの1か月間無料お試し申込方法

 

≫ スタディサプリの14日間無料お試し申込方法

 

 

↓↓当サイト限定コラボ企画!先着50名様まで↓↓